気になるものは口コミで検索せよ

プレゼント選び、洋服選び、スィーツ選びなど興味のあるものを調べると、あまりにも多すぎる情報でどれを選んでいいのか分からなくなってしまいませんか?そんな時の対処法って?♪

ミシェル夫人が人気の理由

イギリスではキャサリン妃のファッション発信源として人気がありますが、最近はそこにジョージ・クルーニーの妻アマルもファショニスタとしてかなりマスコミに登場しています。アメリカではティーンエイジャーには、ミュージシャンの影響を多分に受けます。ミュージシャンや女優がレッドカーペットに登場すると、あのドレスは似合ってないとか似合っているというように、辛口も含めていろいろな評価がされます。

ファーストレディーは注目の的

かつてケネディ大統領夫人だったら、ジャクリーンがファショニスタですがジャックリーン夫人とミシェル夫人のファッションの違いは、デザイナーのチョイスにも現れています。ジャクリーン夫人の方は、ヨーロピアンブランドを愛していました。グッチのバンブーバックなどはかなり有名ですし、夫のケネディ大統領が頭部を撃ちぬかれた暗殺現場となった時に、同じ車に同情していたジャッキーが着ていたピンクのシャネルスーツ姿は、今でも印象に残っています。

オバマ大統領の前は、ジョージ・W・ブッシュ大統領でしたが、ミシェル夫人ほど印象に残っていません。ミシェル夫人のように、どんな服を着ているのか?なんて注目も、そこまで浴びていませんでした。それはやはりミシェル夫人のほうが若いからということもありますが、ミシェル夫人がスピーチ上手である点もあげられます。そしてミシェル夫人はアメリカ史上初のアフリカ系アメリカ人のファーストレディであり選ぶデザイナーも多用なルーツを持つデザイナーやファストファッションを取り入れる庶民的な面も人気の秘密なのかもしれません。

ライフスタイルも気になる

ジョージ・W・ブッシュの妻、バーバラ夫人は保守的であることはもちろんですが、とても礼儀正しくそして規律正しい女性です。ミシェル夫人も礼儀正しいのはもちろんですが、保守的というよりも、戦う女性であり保守というよりは、きさくな一面がありかつ弁護士としてのキャリアなど自信にあふれた姿が清々しい印象を与えます。

ミシェル夫人は2006年に「世界でもっとも人々を元気づける女性25人の1人」に選出されたましたが、その翌年には「世界のベストドレッサー10人の1人」として選ばれています。また全米で大人気の高い視聴率を誇る。「オプラ・ウィンフリーのLegends Ball」で、かなり名誉のあるゲスト出演を果たしています。

そしてファッションにこだわりはない。と公言していながらも、ミシェル夫人のファッションは今までのファーストレディとは違う、洗練された独自のファッションセンスが評判になり、2008年度の大統領選挙では、大統領候補者の妻シンディ・マケインや、副大統領候補のサラ・ペイリンよりもミシェル夫人方のファッションを支持する人が多くいました。

コンサバのようなファッションの時もあれば、見事なドレススタイルもあったりまたパンツ姿の時もあったりと、いつも同じようなスーツで登場することがないミシェル夫人なだけに、ファッション通ならずともついつい目に留まってしまいます。

口コミは強い味方になる?!!

通勤に便利なオフィス、交通の便が優れた地域、緑が多くのびのびとした環境にある事務所…賃貸事務所 大阪 オフィスギャラリーにあなたのご希望をお聞かせください。