気になるものは口コミで検索せよ

プレゼント選び、洋服選び、スィーツ選びなど興味のあるものを調べると、あまりにも多すぎる情報でどれを選んでいいのか分からなくなってしまいませんか?そんな時の対処法って?♪

マタニティ時期も前向きに

キャサリン妃をファッションアイコンにして、彼女のファッションブランドを着まわせば「旬」のアイテムがすぐに分かります。芸能ニュースでも取り上げられるぐらいなので、どれだけキャサリン妃に注目が集まっているか伺えます。妊娠中にはどんなマタニティブランドを着ているのか、というのが話題になりジョージ王子を出産した後にジョージ王子と退院したときの水色に水玉のワンピースも注目が集まりました。

ファッションアイコンは王室から

キャサリン妃は水玉模様がお好きのようで、たびたび水玉のお洋服が登場しますがジョージ王子と退院した時の水玉ワンピースは、イギリスのデザイナーのJenny Packham(ジェニー・パッカム)のワンピースでした。そして第2子のシャーロット王女を出産して、退院したときのワンピースもこれまた同じくJenny Packham(ジェニー・パッカム)のワンピースですが、この時のワンピースはキンポウゲの黄色のお花がプリントされたワンピースですが、こちらはオーダーメイドだったとか。

そういえば故ダイアナ妃が誕生したウィリアム王子を腕に抱き、退院したときに来ていた時も水色のワンピース姿でありました。出産したばかりは、やっぱりお腹まわりはふっくらとしているのが当たり前なので、ワンピース姿での退院が楽ですが庶民はプリンセスのようにはいかずにすかさず授乳とかもあるので、ファッション重視でいくならやはりキャサリン妃のようにワンピーススタイルがベストなのでしょうが、入院する時に来ていたマタニティの洋服でそのまま退院されることが多いので、そのあたりはご自身の状況を踏まえて選んでください。

ケリーバックでお腹を隠す?

マタニティの時期にも公務を積極的にこなしていたキャサリン妃なので、それはもちろんどんなファッションなのかと、かなり話題になりました。それはキャサリン妃に限らずに、女優さんたちもマタニティの時期にどんな服で登場するのか話題になりますが、王室ならば余計に気になるものです。

それはいつの時代も大変気になるもので、モナコ王室に嫁いでモナコ公妃となったグレース・ケリーも、ハリウッド女優からモナコ王室に嫁いだだけでも大きな話題になりましたが、今も女性の憧れのバックのひとつ「ケリーバック」は、グレース・ケリーの名前から「ケリーバック」と言われていますが、かつては「サック・ア・クロワ」といわれていました。

モナコ王室にアメリカから嫁いで、モナコで結婚式を挙げたのが1956年ですがその翌年に妊娠します。妊娠したことマスコミに悟られないようにと、カメラが向けられときに思わずエスメスの「サック・ア・クロワ」でお腹を隠したことで、特にこのバックは有名になりました。そしてあまりにもこのバッグが有名になったので、エルメスは「サック・ア・クロワ」から「ケリーバック」と名前を変えたほどなので、この影響力はとにかくすごいとしかいいようのないぐらいに、あまりにも反響があった写真となりました。

やはりマタニティライフといえども、一般庶民などと比べ物にならないほどに常に注目を集めるのがロイヤルファミリーだな、と思いますね。これでケリーバックは世界的もますます有名になって、特にブランドを知らない人でもケリーバックといえばエルメスとなっています。だからこそ、キャサリン妃が出産して退院したときには、いったいどのような服を着て登場するのか?とファッション評論家たちが、それぞれに勝手に着用するブランドを予想したりするのもひとつの楽しみになっているので、マタニティライフは期間限定のファッションだけに、これまた目が離せません~~

ちなみに前述の、パパラッチからの写真で思わず手にしていたバッグでマタニティのお腹を隠したバッグで有名になったケリー・バックですが、バッグでお腹を隠す写真が雑誌に掲載されるとものすごい大反響になったので、エルメスは正式にモナコ公国の許可を得て、「サック・ア・クロア」から「ケリーバック」へと改称しています。なんでもファーストネームのグレース・バックではなくて、姓のほうのケリーを使うようになったのには、モナコ公妃のイメージを守るモナコ公国の妥協だとも言われています。

口コミは強い味方になる?!!