気になるものは口コミで検索せよ

プレゼント選び、洋服選び、スィーツ選びなど興味のあるものを調べると、あまりにも多すぎる情報でどれを選んでいいのか分からなくなってしまいませんか?そんな時の対処法って?♪

食べ物にもトレンドがあります

カフェにも流行があるように、もちろん食べ物にもトレンドがあります。海外で流行っているお店が、日本に初出店して長蛇の列というのはお馴染みの光景ですよね。ハワイのパンケーキが日本でも食べれると盛り上がったと思ったら、今度はエッグ・ベネフィットの登場だったりというように、ぐずぐずしちいると瞬く間に取り残されてしまいます。なにも無理やり流行にのる必要はないけど、やっぱり行列を見るとどんな店なのか気になってしまうのと同じような感覚です。

スィーツのトレンド

ケーキ屋さんでロールケーキは、いつでも買えるものという感覚だった世代の人がいれば、一時期のロールケーキブームはえっ?とびっくりするほどの、すごい熱気がありました。メディアにたくさん取り上げられたり、芸能人が好きなスィーツ店ということで紹介したりとなると「食べたい・食べたい」と食べたい気持ちは高まるばかり。

そしてバームクーヘンも一時期ものすごいブームになりました。もうこちらもロールケーキと同じく長蛇の列で、すごいことになっていました。かつてはバームクーヘンといえば結婚式の引き出物のお約束で、日持ちはするけどねぇ。。。。とまさにこの「。。。。」というのが正直な感想でした。引き出物はかさばってナンボの時代には、大きな紙袋の中にどーーーんとバームクーヘンがありました。それがどうでしょう~~!ある時からいきなり『ハームクーヘン きたーーーーーぁ!!!』というぐらいに、バームクーヘンの専門店がデパートに登場してものすごい長蛇長蛇の列になりました。

「チーズケーキ」「ロールケーキ」「ハームクーヘン」と、かなり昔からあるスタンダードナンバーのケーキが進化して、昔とは違う別の味わいになって登場して大ブームになるのには、最初はマスメディアへの登場だったり、食べた人の口コミが重視されます。大人気のお店のスィーツを手土産にすると、間違いなく喜ばれますがブームが去った後は定番スィーツとしての生き残りがあります。ところが今度は定番になると、今度は手土産にするのに抵抗がある。というように、プレゼントとして送るときに一度火がつくようなブームの後のスィーツを持って行くのが難しくなってしまうような、空気感が漂ってきたらやっぱりトレンドのスィーツを検索しましょう。

限定品を狙え

知っているお店もしくは好きなお店の「○△店限定」というスィーツを買うのは、まず失敗がなく安心できる買いかたです。おまけに限定とつけば、妙にありがたい気持ちになるのが不思議な感じもするほど、限定になるとここでしか購入できないから。というスペシャル感が満載になります。ターミナル駅などではそこでしか購入することができない、○△駅限定だったり空港でも羽田空港限定というように、他の店舗では購入できないスペシャル感を前面に出して販売しています。

期間限定出店を狙え

バレンタインの時期になると、特設会場がデパートはショッピングセンターに特設催事場が設けられるのがバレンタインデーです。バレンタインデーの楽しみといえば、バレンタインの時期だけに登場するお店が海外から日本のマーケットを目指してやってきます。バレンタインの期間限定あの時期のみで、1年間の総売り上げの3分の1を稼ぎ出すという日本のバレンタイン事情があれば、それは海外のパティシエやショコラティエも黙ってみているわけにはいかないでしょうね。

日本初出店となれば、ちょっとの告知をすればマスコミがテレビとか雑誌で取り上げてくれます。トリュフチョコレートなど1粒300円~400円。お店によっては1粒かるく500円超えのチョコレートなどが、どんどん売れていけばそれはパティシエも笑いが止まらないでしょう。有名ホテルのラウンジなどで、フランスから有名ショコラティエのなんちゃらかんちゃらとの「夢のチョコレートの共演♪」とかいうイベントすれば、これまた女性客からの予約が殺到します。この時期は日本に期間限定で出店するお店が多いのも、うなづけます。

そして買う側としても、わざわざイタリアやフランスにまでいかなくても、ガイドブックやネットで評判の有名ショコラティエの期間限定のチョコレートが、日本で購入できるというのがかな~り嬉しいです。渡航費を思えば安いもの、という感覚。その気持ちもよーくわかります。評論家じゃあるまいし、そんなわざわざチョコレートを食べるがために、ウィーンまで行ける人のほうが少ないのが実情です。

期間限定で出店する海外有名どころのパティシエやショコラティエを囲い込もうと、有名百貨店にのみ出店というように東京のいろいろな百貨店すべてに出店することはしないで、より希少価値があるような売り出し方をするお店もわかります。そのようなケースの時には、百貨店も大々的に告知をして『日本ではここだけの出店』を前面に押し出して販売しています。

有名なお店でよく慣れ親しんだ味であったとしても、期間限定商品はその時だけしか購入できないというスペシャル感があるので、間違いないスィーツのお買い物ができることになるでしょう。

口コミは強い味方になる?!!