気になるものは口コミで検索せよ

プレゼント選び、洋服選び、スィーツ選びなど興味のあるものを調べると、あまりにも多すぎる情報でどれを選んでいいのか分からなくなってしまいませんか?そんな時の対処法って?♪

情報があふれすぎて困った時に・・・

ネットで検索すればかなり色々な情報が手に入ります。すっごくラクチンです。お中元もお歳暮もわざわざ長い時間を待って、百貨店の受け付けコーナーで順番待ちをする必要などないのは、昔だったら考えられないこと。美味しいグルメだって、ショップでクリックひとつで簡単にお取り寄せもできてしまうし、ネットのショッピングモールではもう商品がありすぎてありすぎて、いったい何を選んで良いのかすら分からなくなってしまうほど・・・。

情報が簡単に手に入るのはありがたいと分かっていながらも、あまりも情報が豊富すぎると『いったい何を選べば良いのかわかんない!!』と、ちょっとしたパニック状態になってしまいます。お友達の誕生日プレゼントに、イマドキのアイテムをプレゼントしようと思ってネットをみると、あまりにも検索にヒットしてくるのでイマドキのモノそのものが、わからなくなってしまってなんだかなぁ~~という気分になってしまいます。

情報が多いのはありがたいけど、でも多すぎる。そこでオシャレなアイテムだけに限定を絞った話題のアイテムだけを紹介しているサイトがあれば、めちゃ便利ということで口コミで収集したアイテム紹介するサイトをのぞいてみれば、もっと簡単にオシャレアイテムを知ることができちゃいます。

オシャレアイテム紹介サイト

とあるサイトがありました。KaUnoといサイトで、某パンストで大儲けのタレント神田うのを連想しますが、まったく関係ないです。ダジャレのベタなネーミングで「買うの」という感じでしょうね。買うものを選ぶのにどうぞ、紹介しているのは旬の話題のアイテムだけだから、みんなが注目しているアイテムを簡単に検索できるというのが便利なので、若い女性を中心に口コミも含めて知ることができるので、便利なサイトでした。

こんなサイトがあれば、ネットで「これも違う。あれも違う。」とウロウロ探しまわる必要もないので、かなり便利。なにげ面倒って必要な情報だけを知りたいのに、そこに行き着くまで、ほとほと疲れ果てて結局もーーーいいや。となってしまうので、そうならないために、KaUnoで注目アイテムを見つけたり、コミュに参加して「こんなアイテムどうよ?!」に投票しちゃいましょう。という感じですね。

情報がありすぎだからこそ、あまりにも豊富になりすぎて選ぶことが余計に難しくなってしまいます。何気なくウィンドーショッピングでも、なんとなく今年のトレンドはこんな感じなんだなぁ~とおぼろげながらにも感じることはできて、自分の欲しい物ならフラフラできるときにでもなんとなく選ぶことができますが、難しいのがプレゼント選び。

プレゼント選びはその中でも特に難しいです。たいしたことなくても2次会の景品選びをするのも、数が数だけにこれも頭を悩ませてしまいます。なんでもいいやと思いながらも、そこはある程度気の効いた景品選びをしないと、選んだ側のセンスを疑われてしまいますからね。

それ最近はオシャレ家電なるジャンルも登場しているので、単なる家電ではなく家電のオシャレ系もあるので、進化していく家電製品の性能チェックを網羅するのはもちろんのこと、オシャレ家電でもそれなりの性能があるので、「トースター」を選ぶだけでもあまりにもありすぎて、どれを選べばいいのか分からない~!状態に陥ることもあるぐらいです。

間違いない商品を選ぶコツ

トレンドを知るには、ファッション誌を見るのがてっとり早い方法ですが雑誌そのものを買うことすらなくなってきていると、「私は私だから」とかいう言葉で全て終わらせてしまったり「流行りモノっていってもねぇ~~」という人もいます。そもそもファッション誌を買う人口も、ネットの普及でかなり減っているのもこれまた事実です。

美容院で重た~いファッション誌をパラパラめくって、なんともなしに眺めるのもいいですが「この人」と決めてその人を狙ってその人だけのファッションを追うというのも、間違いない商品を選ぶコツに繋がります。もちろん「この人」と決める人は、自分の好きな着こなしをしていることはもちろんですがファッションの情報源ともいえるぐらいの発信力が強い人を選べば、「この人」の着こなしなどを参考にすれば、まず間違いないのはもちろんのこと、「この人」は常に注目を集めているので「この人」が着用した服やアイテムを購入すれば、もう商品選びに迷うことはなくなります。

そこで「この人」という人を選ぶには、どんな人を選べばいいのか?!という点ですが、自分と年代がわりと同じような人で同じような体型の人を選ぶのがベーシックなやり方です。ファッション誌でよくやる特集に「身長低め」とか「筋肉質タイプ」「ちょっとぽっちゃりタイプ」というようにカテゴリー分けて、モデルさんに洋服を着せた写真を載せているので、「この人」を選ぶ時には似たような年代で同じような体型の人を選ぶのが、間違いない商品を選ぶコツのひとつになりますが、「話題の人」を選ぶのもアリではないかと思います。

キャサリン妃に学べ

例えばウィリアム王子の妻となったキャサリン妃。2人目のお子さまを出産して、ますます注目が集まっているキャサリン妃を「この人」と決めて、いろいんなアイテムを取り入れれば間違いないでしょう~。イギリス王室というのは何かと注目を集めていますが、赤ちゃんが生まれたら退院するときにはどんな服を着て登場するのかとか、赤ちゃんは何色の洋服を着ているのか、赤ちゃんのお洋服までそしてそのブランドと値段までもが報道されます。

ブランドも値段も報道されるので、とっても便利な事はもちろんのことイギリス王室のウィリアム王子の奥様であるケンブリッジ公爵夫人が選んだものだから間違いない。といういわばお墨付きでもあります。キャサリン妃が選ぶ品物は、イギリスブランドの物がほとんどですが(このあたりが日本の某プリンセスとは違う)基本はコンサバのキャサリン妃の着こなしなので、無難といえば無難な着こなしが多いので、これまた間違いない商品選びに繋がります。

例えば、ウィリアム王子のポロを観戦するために、出産してから久しぶりにプライベートな場所という設定で、ジョージ王子を連れてデニムスタイルでポロ観戦の時に来ていたボーダーTシャツで登場すると、瞬く間に完売!!!どれだけの経済効果なんだ。と驚くほどの売れ行きで、おまけになんとその後の受注は1週間で5000人待ちのボーダーTシャツになっています。

気になるのはそのお値段ですが、48ポンドなので日本円にすると約9100円。このお値段なら抵抗なく購入することができますよね~。おまけにブルーボーダー×白なんて、定番中の定番のボーダーTシャツ。以前もウィリアム王子のポロ試合の応援観戦に登場したときのスタイルに、定番のボーダーTシャツで登場していますが、この時には白地がベース×ブルーのボーダーTシャツでした。どちらも同じブランドのMe + Emで、お値段は同じ。

ボーダーTシャツにスキニーのデニム(かなりストレッチが効いた)は、プライベートスタイルのキャサリン妃スタイルなので間違いないスタイルであり、おまけに普遍の定番中の定番スタイルなので年齢的にキャサリン妃よりも年上でも、これまた問題なく着こなせることは間違いないでしょう。特にキャサリン妃と同じような年代(キャサリン妃は1982年生まれ)で、お子さまをお持ちの方なら、なおさらのことキャサリン妃はアイテムまでも含めて、そして子供と一緒でのスタイルなどにおいても参考になるファッションスタイルです。

同じイギリス人でもヴィクトリア・ベッカムも、オシャレアイコンとして人気でおまけに4人のママでもありますが、ヴィクトリアの場合はヴィクトリア自身が展開しているブランドを着用していることも多く、おまけにヴィクトリアはハイブランド大好きなので、ヴィクトリア・ベッカムのファッションを真似しようとなると、とんでもない金額に膨らんでしまいます。

ウィリアム王子と結婚してケンブリッジ公爵夫人となっているので、当然ながらイギリス王室のメンバーらしく、ハイブランドでどこのもの?というようなドレスを着用することもありますが、意外にもファストファッションを着まわすことも多いので、ファッション誌などで「キャサリン妃に学べプリンセススタイル」と特集を組まれるのでしょうね。もちろんプリンセスらしく、ハイブランドの品物も着用されますが、こちらもイギリスブランドの品物が多くなっていて、ジミー・チュウなども登場します。

すっかりファッションアイコンとなって、注目を浴びているキャサリン妃スタイルを取り入れるのに、さほど抵抗はないはずです。キャサリン妃スタイルで、お約束の足元でとってもよく登場するのがパテントレザーのヌードパンプスです。L.K.Benett(L.K.ベネット)は、キャサリン妃のスタイルで登場する回数は断トツで多いです。パステル調の洋服のときにも、こちらのヌードパンプス。ビビットなカラーのドレスのときにも、こちらのヌードパンプス。これだけ登場しているなら、おそらく同じ靴を3足ぐらいはもっているだろう。と思うほどに、かなりの頻度で登場します。キャサリン妃が愛用しているL.K.Benettのヌードカラーパンプスのお値段は195ポンドは日本円で約38000円。

もしも、イタリアブランドのマロノブラニクなら、軽く日本価格で10万円超えも珍しいことではないので靴で約4万円の価格は、比較的手がだし安い価格であることは間違いないですね。そしてキャサリン妃愛用のL.K.Benettの靴、なにが気になるのかといえば、とにかく登場回数がこの靴に関してはひときわ群を抜いて登場回数が多いだけに、よっぽど履き心地がいいんだろうなぁ~と思うことです。いろんなシーンで、この靴を履いているのでここまで履いているからには、やはりデザインだけではなく「履き心地」がよいからこその登場回数だと思います。キャサリン妃スタイルを取り入れよう!と思ったら、こちらの靴はまちがいなくマストアイテムです。

口コミは強い味方になる?!!